• 方を組む男二人

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

選び方について

スイッチングハブをより有効的に使用するにはあらかじめ計画しておくことがもっとも重要です。
無計画にネットワーク接続を広げてしまうと後で大変なことになってしまいますから注意が必要です。もっとも重要視されているのがポート数になります。ポート数に余裕を持たせることによって無駄な拡張を抑えることができます。

ポート数に余裕を持たせるには数年拡張なしでやっていけるかどうかの決め手にもなります。ですので、スイッチングハブを導入する場合はポート数が一番大切な材料になっていきます。そうすればより安全にスイッチングハブを使用する事ができます。

スイッチングハブの大きな利点は多くのパソコンとネットワークを共有することによりよるものです。管理機能も大切な要素になってきますのでパソコンがより最適に制御できる環境を整える必要があります。管理ツールを導入していない場合でも将来の為に考えておく必要があります。

またスイッチングハブをより効率的に利用するには使用する環境も大事になりますのでケープリングの確認も必要になってきます。よってさまざまな状況に応じて選ぶことが大切になってきます。
常に電源が入っている機器ですので、節約したいという方はできるだけ消費電力の少ないものを選び・放熱し続けている機器ですので最低50度まで耐えられるものがいいとされています。
中でも推進されているのが金属機体のものになっています。

基礎知識について

今現在ではスイッチングハブという名前で親しまれてしましたが、ハブと言えば昔は違った名前で呼ばれていました。
一般的に呼ばれていたのがシェアードハブ別名だとダムハブと呼ばれることがあったため、スイッチングハブという名称があまり知られていませんでした。

近年、昔から呼ばれてきたシェアードハブもなかなか探すのが難しくなってきたのと同時にスイッチングハブがより一般的になってきました。
もともとスイッチングハブとシェアードハブは区分されていてその意味もありましたが、現在スイッチングハブが主流となってきたためその区分の意味も失われつつあります。

シェアードハブはスイッチングハブと同様、ネットワーク上でデータの転送業務に当たりますが、その共有の最中に起こってしまう通信の衝突が生じるため、データの遅れなどが起きてしまいます。大幅な遅れが出てしまった為、その助けになるのがスイッチングハブになります。

スイッチングハグの登場により、今まで沢山のエラーを出してきた為、大幅に改善することができました。

スイッチングハグは複数のアドレスを全て記憶しており、こちらの通信とは全く関係ないデータを素早く判断し防止する能力にも長けています。そのため複数で共有しながらネットワークをスムーズに利用することができます。